パチもんレーサー@隊長 

自転車、マラソンをこよなく愛するサラリーマンの活動日記。 サプリメントジャンキーなのでサプリメントの解説やダイエットねたも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京マラソン 復活当選!

昨晩メールチェックしてたら東京マラソンの復活当選のメールが来てた。
第一回から申し込みし続けて来年もあきらめていただけに大変嬉しい!
もちろん出来ればサブ4で走りたいけど何より楽しむぞ~!
今後二度と人生で他人から大声援受けることなんぞないでしょうからね。
チャリのレースじゃ人少ないしトレイルレースもコース上は人いないですから
ね。基本的に舗装路は嫌いですがやはりこの部分だけはマラソンがチャリや
トレイルレースに圧勝するな。

が、今の状態では一度に20k以上は走れないのでとにかく楽しむ為の
体力というか脚力をつけなくてわ。特に衝撃に耐える筋力。やっぱり30k走
とかやらないとダメか?でも、レース前に故障してもな・・・・・。と悩むのも
また楽しい。
物事すべて半端者な私はここはやっぱり半端な25km走から行くことにしよう。
今週末はがんばんべ~って再来週に水無川ハーフだからそこそこがんばんべ~。

今晩は本年忘年会第1弾です。せいぜい食べ過ぎないように・・・・多分無理。
カーボローディングとか言って食べまくったる。アルコールは飲まないけどね。






スポンサーサイト

PageTop

連休最終日はチャリダー

月曜日はお休み。
という訳でラントレしようと思いましたが・・・・
膝に違和感ありまくり・・・・こりゃ無理すると
故障直行コースな予感。
なのでチャリトレに変更。
しっかし日曜に調子良くラントレしてしまった
おかげで脚の重さが異常。やっぱりランは
脚にくるな~。
7時におきたのですが出発したのは8時過ぎ。
なんかやる気が余りわかないのでまったり
行くことにして出発。まぁ~距離だけは稼ぎたい
ので終始サイクリングペースでスタート。
とりあえずの大垂水峠。インナーの21Tでまったり
登ってたら抜かした相手にベタ付きされた。
ま、気にしないと思いつつもついペースを上げて
しまう私。修行がたりん。が、後ろは凄い形相
でついてきます。それでもまだ余力ありで登って
いたのですが頂上10m位手前でベタ付きしてた
人がいきなりインから前へ・・・・。やめてくれ~。
抜かすのは構わん。ベタ付きされてもいいよ。
でも、インから急に来たのはびっくり。普通は
アウトからだろ~。流石に差し替えす位は出来た
のですがなんか嫌な感じなので放置プレーして
置いた。
そのまま藤野までいってどうしようか考える。
1)そのままかえる・・・・・ま、時間も早いしもう少し走るか。
2)裏和田登ってかえる・・・・・・脚が重たいから急な登りは嫌。
3)甲武トンネルいってかえる・・・・・・これも結構急なイメージがあって嫌
4)小菅を目指す・・・・・・行ったことない。
結局、いかないとすぐに雪で行けなくなりそうだとういのも
あり4)を選択。
が、知らんかった。すっかり大した坂はないのだろう
と思っていたのですが・・・・・ちゃんとした峠があるのね。
田和峠、鶴峠が出現。田和峠ってのは知らなかった。
鶴峠ってのも名前だけは知ってたけどこんな所にあった
のね。笑っちゃう位インナーローを多用してどうにか鶴峠到着。
峠頂上にバス亭があるだけという寂しいところだ。
そのまま下って小菅村に入り奥多摩湖を目指す。
さてまたここで二択。
1)青梅街道かえる。
2)奥多摩周遊道路で風張峠超える。
さんざん迷って結局2)を選択。
青梅街道は爆裂に渋滞してそうだったのと(何時も混んでるイメージがある)
奥多摩湖側から風張峠はチャリを乗り始めた5年位前にだまされて初めて
行った峠。さんざん脚ついた記憶があるのでリベンジです。
が、やっぱり結構キツイのね。可成りヨロヨロと峠頂上到着。この時点で
2時半頃。こりゃ完全に日暮れまでに家かえれないね。
でも腹減ったので都民の森によって磯辺焼き。ここの磯辺焼きは私大好きです。
美味しいです。で、メーターみた。アベレージ19kmとかなってますが??
どんだけゆっくり走ってるのだか。流石にあまりにゆっくり過ぎたという訳で
ここから飛ばす。ほぼ下り基調なのも手伝って調子よく睦橋まで一気に。
その後、タマサイに入り関戸橋あたりまではゆっくり走ったがここで完全に日が暮れた。
これ以上は幾らゆっくりでもタマサイは怖い。ライトもそんなに明るくないしね。
という訳で川崎街道をはしったのですがやっぱり渋滞。結局、家に帰ったのは
18時30分で真っ暗。
ま、強度は一日低いままでしたが距離は183kmとなかなか。

PageTop

ジョガーです。

冬は基本ジョガーになる私。
といっても三年連続右脚の腸脛靱帯こわしてるのでいっつも年間3ヶ月だけの
ジョガーですけど。

土曜 15km 90分
秦野水無川の試走。ゆっくり走ったのですが調子よさげ~。

日曜 20kmうち15kmペース&ビルドUP
お仕事ですが朝7時半に会社いって皇居ラン。仕事場からすぐなのにちゃんと皇居ランするのは初めてだす。
1km 7分24秒 アップ 登り
2km 5分10秒 アップ 下り
3km 6分9秒 皇居周回開始
4km 5分19秒
5km 4分47秒
6km 5分6秒
7km 5分5秒
8km 6分0秒(途中トイレ)
9km 5分6秒
10Km 4分46秒ペースUP
11km 4分53秒
12km 4分43秒
13km 4分47秒
14km 4分47秒ビルドUP開始
15km 4分26秒
16km 4分17秒
17km 4分11秒
18km 8分7秒 ダウン開始
19km 6分45秒 
20km 5分17秒 

正直、極めて好調!月間ジョギング距離が二桁どころか50kmにも満たない私ですがどうも毎年毎年11月は体調が良くなるようです。今月は100km行けるか?
が、やはり右脚が不安。ビルドアップした辺りから右膝に違和感でまくり。本当は18kmまでビルドUPしつづける予定でしたが余りに違和感でたので中止して一気にペース落としました。以前とちょっと違う場所ですがどうも最近右膝の前側が痛い。早く右脚だけで走る癖を直さないとまた故障するな。意識して左を使うようにしてるのですがペースUPするとすぐに忘れてしまう鳥頭な私です。




PageTop

無駄に調子よいが・・・・太った。

プチオフも終了して昨晩からトレーニング再開。
ジムにPM11時過ぎに駆け込む。トレッドミルのつもりがトレッドミルは全部使われていたのでエアロバイクに変更。600kcal消費するのが目的。理由は600kcalほどおやつを食べたから。
で、乗ってみたら妙に調子良い。気がついたら追い込んでた。22分経過したところで丁度半分の300kca.l消化です。あれ?ほぼベストペースです。そこで一瞬ベスト狙っちゃおうかと思いましたがここは自重。今の時期にベストでてもな~。で、その後は意識的に少し抑えて49分で終了。
汗もだらだらにかいたので乾燥体重を量る・・・・・orz。
プチオフの間に2kg太った。ま、やたら甘い物たべてたからな~。
でも、体重増えるとやっぱり踏めるのね。
オフも明けたしダイエットから始めなければ・・・・。12月6日は水無川ハーフマラソンですのでそれまでに1kgは落とす。ランはやっぱり体重が軽い方が純粋に有利ですからね。

PageTop

プチオフ満喫中

二年連続で出場でいなかったツールド沖縄。
これが終わるとシーズンオフって気になりますね。
私は出てもいないくせにプチオフに入ってます。
実は・・・・先日の陣馬山トレイルで練習してないくせに
自分なりに快走してしまったらダメージがひどい。
未だに普通に歩けないので単に週末まで運動できない
だけ。

ところで今年のツールド沖縄はいろいろあったそうですね。
なんか85キロは超サバイバルになって200kは途中
休憩あり・・・・だったとの事。
私の中で「ツールド沖縄」がロードレースでは別格です。
人気だけなら富士チャレンジ200のがあるかも知れない。
でも、やっぱり沖縄。
ヒルクライムなら乗鞍のごとし。

もちろん、それを一年のピークにもってくる市民レーサー
が多いので85kで関門が厳しくなりDNF、130,200kmで休憩が
はいりレースがリセット。
集中力が切れたとか文句が出るのは理解します。
私も現場にいたら文句の一つもいいたいですが。

しかし、冷静に考えるとそれも含めて市民レースなんじゃないか?
基本的に道路封鎖して行ってもらってるのですから関門延長
をあまり長くはできないのは当たり前。国際レースにおいつい
てしまっては国際の結果に影響がでてしまうのでこれもダメ。
私は2年前まで130k(120)kクラスに出走してましたが
2005年は85k、130kともに完走率30-35%の超サバイバル
レースでした。この時は市民200kの影響だったと思う。

でも、逆に考えれば上位30%に入れば完走出来るわけです。
だったら上位30%に入れるように努力すれば良いだけ。
(別に完走目的の出場でも全く問題ないですよ。私もその口だし。
ただ、完走できなかったことを運営のせいにしないで欲しい。
提案や要望じゃなくて運営に自分勝手に文句つけてるブログや
掲示板の書き込みを結構めにするもんで。)

しかし、ちょっとだけ思うのは200kだけは出来れば運営が要因で
順位や完走率が変わるのはどうかと・・・・。
あくまでも勝手に思ってることですが沖縄の200kは市民レーサー
の甲子園であるということを運営もちょっとだけ考慮して欲しいです。
と言っても私は200k出たことないのですけどね。何時の日か
200kを完走してみたいもんです。要は自分が出たときに今年のような
展開では完走しても・・・・満足しないだろうな~と思っております。
むしろ、関門が短くなる分には自分の努力でどうにかなる部分
なので納得出来る。

ってかいてる事が支離滅裂。

PageTop

陣馬山トレイルレース 他

陣馬山トレイルレース

総合 172位/1200人位


土日とよくトレーニングしました。
いや~疲れたわ。本日全身筋肉痛。
ん?なんで腕までいたいのだろうか?

土曜日はチームのキチ練。久しぶりの出席です。
ま、日曜日に陣馬山トレイルランを控えているので
追い込み過ぎないように。最初はIさんと一緒に楽でも
ないが辛くもないペースで走っていたのですが最後の
最後に何故かロングスプリントしてしまって想定外に
つかれた。いや~前に人がいるとつい反応してしまう。
家との往復もあわせて120km。

日曜日、朝4時起床。っていつもなら下手すりゃ寝る時間
ですわな。陣馬山トレイルレースは相模湖の近くからスタート
なのでスタート地点に自転車で向かう。朝5時に家でたのですが
・・・・予定では45kmほどだと思ってたのが55kmありました。
(少しだけ迷子になったのは内緒です。)
9時スタートですがついたのは8時10分。ま、アップも終わってる
し余裕かなと思ったのが間違い・・・・。1200人位出場している
のですがトイレが少ない!受付して速攻トイレに並ぶ。
で、トイレ待ち35分でした。
トイレから出てきたらスタートまで10分しかありません。
ダッシュでゼッケン付けたり、計測タグ付けたり。既にお腹が
減ってたのでゼリーを二本だけ流し込んで・・・・・水も自転車の
ボトルに残ってたのでそのまま。本来なら補給食がいる距離
じゃない(23km)のですが途中でかった月餅を一つもって急いで
スタートラインへ。スタート1分前にどうにか間に合った。
ま、準備万端じゃないけど一安心。
ちなみにこの時まだトイレに10人位ならんでました。

いよいよスタート。今回全くコースプロフィールみてないので
ちょいと不安。が、正直これがかえって良かった。結論から
いうと多分いままでのレースで一番上手く走れました。

最初はひたすら登り。いつも最初に飛ばして最後にばてるという
パターンですがコース知らないのと正直、前日、当日の朝の
つかれで飛ばす気にならないので抑えて入る。
ひたすら登って陣馬山山頂。順位を数えている人に174位と言われた。
思ったより良いね。脚は相変わらず重いけど特に使い果たした
感じはなく意外といい感じ。そうえばフルマラソン走る人が雑誌か
なにかで10kmと違いフルなんかではちょっと重めに仕上げすると
言ってた。軽く仕上げちゃうとどうしても突っ込むから。
問題は水・・・・朝から自転車のっちゃったので体内水分がすでに
足りなかったようだ。やたら喉が渇いてボトルの水はほぼ空です。
が、ここからは稜線をちょいいったら下りなので補給まで我慢。
相変わらず下りが遅い私。ってか足が靴の中で動く・・・・
なんか最近いつも思うのですが足が小さくなったような。
持ってる靴がことごとく合わなくなってきた。
途中で一回靴の紐を結び直したのもあり相当抜かれた。20-30人
位には抜かれたかも。ま、下りで抜かれるのはいつものことなので
気にしないようにマイペース。漸く水・・・・ギリギリ脱水症状になる
前で助かった。ひしゃくですくって飲むのですが他の人は殆ど一杯
のところ5杯一気飲み。こんなに体が吸収できるわけないのですが
欲望には勝てない。おかげ様で復活!ついでにボトルにも水を一杯
までいれてしまいました。体のどっかに穴があいていて水を垂れ流して
しまう私にやっぱり水はないと不安です。

ここからは舗装路の長い登り。斜度はきつくないですが可成り萎えます。
途中で話してる人の会話を聞いたら7-8kmくらいつづくらしい。
回りでは歩いてる人もちらほら。が、下りで抜かれまくりの私はここで
ふんばらにゃあきまへん。速くはないがとにかく一応、走る。なんかペース
が早歩きとかわらないですが・・・・気持ちの問題で走る。しっかし斜度が
ないのでこの辺はピュアランナーが速いね。基本的にこの辺りまで一緒
の人ならトレランの走力はそれほど変わらないと思うのですが10人位には
抜かれた。しかもあっさりと。全く追いかける気がしないほどのスピード差
で。ところでこのレースは距離表示が全くないのでつらい。いい加減もう
ダメだと思ったところで自分がお腹すいてることを思い出した。
集中力が落ちてきてるな。ということで補給。回りで固形物補給してるひとなんて
一人も見かけませんが補給。ゼリー食べてる人も殆どいないくらい。
ま、この辺りの人は3時間以内にはゴールするので当たり前といえば当たり前。
月餅を食べる。美味しい!
食べたら少し復活!アンコは偉大だ!!ゼリーの100倍パワーでるぜ!!!
とにかくペースで走ることだけを考えてペタペタと走る。擬音にするとまさに
ペタペタって走り。
残り5kmという看板で初めて距離表示を見た。ま、見逃していただけかも
しれないが漸く残り距離が分かり少し元気に。
が、少ししたら最後の下り。ここが辛かった。脚の筋肉というか相変わらず
癖がでて右脚腸脛靱帯がかなり悲鳴あげてるのが分かるし、それ以上に
痛かったのが足の爪。足をつく度に靴のなかで足が動いてしまい爪があった
って痛い。いつもは爪が上に向いて生える私は足の爪にテーピング巻いて
でるのですが時間がなくてワセリン塗っただけでした。これが一番失敗したかな。
それでも脚に力が入らない訳ではないので抜かれたのは15人位?
私の割には頑張った。最後の500mは舗装路です。舗装路に入れば当然
急な下りじゃないので私でも普通に走れる。この500mで4人抜いて最後は
かなりきつかったけどラストスパートしてゴール。トレイルランの20km以上の
レースでラストスパートできたのは初めてなので現状の力は総て出し切った。
準備にちょっと問題があったけどレースのペース配分は初めて最高に上手く
いったレースでございました。

ゴールしていつもなら電車か車なのえすが自転車で帰らなくてはならない。
この帰りの53kmがキツイのなんの。いきなりの大垂水峠なのですが
私がトレイルランしている間に絶対に地殻変動した!もう、どこの超級峠
ですか状態。3人位に抜かれた。おまけに一人だけ抜いたのですがいい目標
にされてしまい後ろに張り付かれた・・・・。お願いです。今日だけは許して
くださいという気分・・・・でしたが結局、最後はペースあげて振り切りました。
馬鹿だ・・・・ここで壊滅的な疲労になってもーた。どうにかとヨロヨロになって
帰宅。午後3時30分位。シャワー浴びて飯たべたら眠くてしょうがない。
が、頑張って7時までおきてたのは覚えてる・・・・その後は気絶して目が覚めた
のは本日午前7時。12時間爆睡しました。

ここ3ヶ月の月間ジョギング距離が50kmにも満たないが自転車のってた
おかげでそれなりに走れた。超回復したらもう少し良くなりそうな気がする。
次は舗装路の水無川ハーフですが1時間35分を目標に今からあがきます。
今シーズン中にはハーフで1時間30分、10kmで40分を切りたいな~。と、毎年
いってる目標も今シーズンも言ってみる。言い続けて早くも3年。というか
3年連続12月、1月に故障してるので今年は故障しないようにガンガル!
故障王子の名前返上できるのか?
(王子の割には年食ってるという突っ込み禁止)

PageTop

茂木7時間エンデューロ 2時間オープン 正式リザルト

正式リザルトがでてました。

3位/126人(チーム含む)
AV.41.10km

上位のメンツを調べてみたら結構な方々と戦えてたのね。
1位の人、2位の人は2007年の茂木でも4時間で出てた人でした。
1位の人はその時に10位、2位の人はその時に4位。
4位だったひとも今年のサイクリングフェスティバル小山(FISCO)でクラス3位だった人。

各レースとも知り合いが出てるのである程度の力関係はわかる。
2007年茂木は先週富士チャレンジで勝利したダハラさんが出てた。
小山にはARIさんやKagamiさんが出てた。

もっともかといってダハラさん、ARIさん、Kagamiさんと私が戦えるかというとそういう訳ではない
のは承知していますが背中うっすらみえてきた?いや、まだ足跡を発見した位だな。
(もっとも私は茂木は好きですがFISCOは嫌いなので・・・・・FISCOじゃどうにもならない。)

今シーズンはこれで終了予定(龍勢DNS予定です。)ですが来シーズンにつながるレースができたので来シーズンは春から飛ばすぜ!

と言いながら本日からランニングトレに入ります。ってか今週末は陣馬山のトレイルレースですがこれは流石にキツイな。まったくトレイルはしってないな~。2月位のハーフで自己ベストを目指したいとおもっとります。

PageTop

茂木エンデューロ 2時間の部

昨日は茂木エンデューロ2時間の部に出場。
朝7時過ぎには茂木サーキットに到着して試走しましたが
それから激しく暇。スタート時間が1時30分ですから暇もて
余す。もう、眠くて眠くて。
が、TOKIさん(私と同じく2時間の部出場)、Oさん(7時間の部)
にお会いしてちょっと嬉しかった。
7時間の部のスタートは早い。OさんとIさん(スタート前にご挨拶
できず。)のスタートを見届けてTOKIさんと一緒に観戦しながら
まったりタイム。二人そろって超まったり。レース前の緊張感は
皆無。11時30分にTOKIさんと食堂で食事。ミートソースの大盛り
を食べたら・・・・食い過ぎた。胃が重たい。
暫くしたらOさんが戻ってきた・・・・調子わるくて途中でDNFした
そうだ。社会人ですから仕事優先は当たり前。そんな日もありま
すよ。
で、このころから風が出てきたておまけに暑い!なんじゃ
この気温??全く想定してなかったのでボトル一本しか用意して
なかったのですがスタート前にOさんに一本借りてしまいました。
正直、助かった。ありがとうございます。

漸くスタートタイム。最前列にTOKIさんと陣取る。で、ウィダーガール
とちょっとお話して暇つぶし。何周なんだろう?速い人は12周じゃない?
我々は11周かな?とTOKIさんと会話してスタート。

スタートから4人の招待選手が引いてくれます。で、私はスタート選手の
後ろにビタ付けの位置を陣取る。後ろに同じジャージのTOKIさんが
入ってくれたので流石に割り込み狙うひとも少なく走りに集中できます。
速いけどまぁ~切れるほどではないので私はひたすら招待選手の
走りをお勉強。登りはゆっくり走るけど下りがはえ~!なによりもコーナー
の立ち上がりが速い。私がコーナーが遅いというのもプラスして
コーナーの度に脚を使っておいつかなきゃあかん。本当は集団の中程
までおりた方が脚を温存できるのでしょうが中切れが怖いのとなによりも
プロのすぐ後ろを走って勉強できることなんぞそうそう機会がないので
ひたすらその位置で陣取る。
1時間経過した位で7時間組の人が360度ターンの時に割り込もうと
してきた。思わず「あぶねーだろ!」と激しく抗議。彼氏は物凄く不満
そうでスゲーにらみ返してきたが無視。その時は思わなかったが多分
彼はこの集団が2時間のトップ集団だというのに気がついてなかった
から不満だったかもしれない。そりゃそうだ。が、ここはトップ争いな
ので他のクラスの人が招待選手の間に割ってはいっちゃあかんでしょ。
少ししてだんだん疲れてきた。しかも風もどんどん強くなってきた。
ちょっとヤバそうだと思った辺りで急にギヤが変わらなくなった。
あれ?そう、新車であまり距離のってなかったのでシフトワイヤーが
伸びたみたい・・・・。一瞬で招待選手と間があいたので急いでライン
外して後ろを先にいかす。こっちも良く分からんが急いでワイヤーの
巻き取り調整を乗りながら。初めて乗りながら調整したが適当にさわ
たらとりあえずトップから2段目に変わるとこ以外は問題なくなった。
ま、こんなとこあまり使わないからいいや。
集団最後方から10m程度離されたけどどうにか急いで復帰。
いや、危なかった。
この周回が終わる手前で招待選手が急に引くのやめた.....。そうここからは
招待選手は一切引いてくれないそうです。集団はそこそこいたので
気がつかなかったけど周回遅れや7時間組が混ざってたようで二時間の
トップ集団は5人ですと下がってきた招待選手が教えてくれた。
とりあえず前にでなきゃまずそうなので集団先頭に再度戻る。
集団はこんな感じ。

2時間TOP集団(5人)---招待選手---7時間組か2時間の周回遅れ

次の周回に入り登りの手前で一人飛び出した。逃げ切る気か?あと40分
あるぜ??と一瞬躊躇したが私も一人で追走・・・・・が、追いつけない。
あと10mがつまらない・・・・で、私は一回集団にもどされたが・・・・飛び出た
彼氏もあまりペースがあがらないのか??
私がもどされてすぐに一人が追走・・・・。正直、この人に切れは無かった
がタイミング良く行かれて前の一人と合流された?なんか今度はあっと
いう間に差をつけられた。
行きたかったがちょいまだ回復してなかった。レース感がないね。
あきらめてペースを落としたら招待選手が並走してきて3位と4位ですよと
教えてくれた。どうやら一人はさっきの上げ下げで我々からも切れたようだ。
こうなりゃ一緒にいるもう一人と前を追走するしかあるまい。
ひたすら二人でローテーション。平坦は向こうの方が圧倒的に速いが
登りは私の方が速いようだ。二回ほど登りでおいてきてしまったがわざとまって
合流。招待選手にも後ろから単独3位ですよと言われたが一人じゃどうにも
ならないしね。
しっかし、一緒に合流した方は本当に平坦が速いぞ!多分、強豪チーム 
Jカワサキの人だったので脳内で勝手にカワサキカンチェラーラーと命名。
結局5周か?最後までカワサキカンチェラーラさんと一緒に追走しましたが
追いつけずに終了。
しかも最後の2周は私があまり平坦で引けなくなったので登り以外の7割は
カワサキカンチェラーラさんに引いてもらっちゃいました。流石にチーム
ジャージきて最後2kmをほぼ一人引きしてもらった状態でスプリントする
訳にもいかずに4位かな?と思いつつ流してゴール。
それでも大満足なレースだったので思いっきり両手あげてゴールしてきました。

が、表彰式の前でまってたら先程のカワサキカンチェラーラさんが現れて
「なんか一人抜いてたみたいですよ」と。
あれ?三位になっちゃいました。どうやら後から出た一人は知らないうちに
抜いていた模様。
ん~トップが狙えたなら7時間組を利用して走ればよかったかも。
カワサキカンチェさんは非常に男気あふれる方でチーム出場の7時
間組の元気な人の後ろには一切つかずに追走してた。私は二回ほどつこうと
したがカンチェさんがつこうとしないので気が引けてやめました。
基本的に私は力を使わないで走ることを常に考えて走るがたまにはこういう
力勝負も気持ち良くて良いもんですな。

3位からはお立ち台に乗れます。で、私はウィダーガールの横。
そしたらウィダーガールさんの一人から「入賞しないと言ってましたよね?」
と笑いながら突っ込みを入れられてしまいました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。