パチもんレーサー@隊長 

自転車、マラソンをこよなく愛するサラリーマンの活動日記。 サプリメントジャンキーなのでサプリメントの解説やダイエットねたも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

畦が丸登山

また、更新滞っております・・・。生きてます。

先週の土曜日ですが登山!
暑すぎて自転車のりたくないから丁度よいっす。

といっても丹沢の低山です。畦ケ丸いってきました。

ま、低山なので朝は遅めでAM7時15分に東海大学前で車で拾ってもらい
西丹沢自然教室の所から登山開始。正直、眺望はよくない・・・・ってか
頂上でも殆ど眺望なし。
が、途中では結構凄い滝が。
下棚の滝というのと本棚の滝というのがあります。特に本棚は結構でかいですわ。



hondana

写真(クリックすると拡大します。)のように特に規制もなく滝壺の所までいけてしまいます。
で、すぐ近くまでいってみたのですが・・・・初めて知りました。滝壺の近くって
のは凄い風がふいているのですな。齢3?才にして初体験。ちょっと感動。

ん~丹沢にもまだまだ隠れた名所がありそうですな。

ちなみに帰ってきて日曜日からまたしても発熱・・・・どうも体温調整機能が完全にいかれてるらしい。
微妙な発熱がおさまらん。ま、体調は悪くないのですけど。





スポンサーサイト

PageTop

八ヶ岳登山

一週間おくれでブログです・・・・。
ちょっとバタバタしておりまして。

先週末は八ヶ岳登山にいってまいりました。
ルートは
1日目:美濃戸山荘(登山口)~赤岳鉱泉~赤岩の頭~硫黄岳山荘
2日目:硫黄岳山荘~夏沢峠~根石岳~東天狗~西天狗岳~根石岳~夏沢峠~硫黄岳山荘
3日目:硫黄岳山荘~横岳~三又峰~赤岳~行者小屋(文三郎尾根)~美濃戸山荘(登山口)

今回は余裕をもったスケジュールだったし、いつも速く歩くT氏がなんと帯状発疹あけということでゆっくり歩いたので体力的には全く問題なかった。おまけに筋肉痛も皆無。
さらに山小屋が超快適。さすがは八ヶ岳!布団はさらさらと清潔だし、なによりも凄いと思ったのがウォッシュレット付き水洗トイレ。ほとんどホテル状態。
ま、唯一不快だったのはアレルギーと高山病?による頭痛ですがまぁ~ひどくなかっったのでちょっとだけ過酷なピクニックという感じで楽しめました。

特に天気に恵まれた三日目の赤岳山頂は凄かった。いままで幾つか山のぼってきたけど眺望はここが一番。北アルプス、南アルプス、中央アルプス、おまけに乗鞍なんかが凄く綺麗にみれて感動。横岳の通過のところがナイフリッジの岩場になっていたのでちょっとだけ怖かったですが。(私は高所恐怖症の気があり)
八ヶ岳は登山口が一杯あるらしく5歳のお子様が頂上にいた位。ルート選べば普通の人なら問題なく登れると思うので凄くお勧め。山小屋泊するにしても小屋えらべば温泉まで入れるらしいしね。

という訳で登山に興味のある人は八ヶ岳お勧めです。が、その後に別の小屋に泊まれなくなるかもしれませんのでそこだけ注意。

tozan

写真は・・・・・かなりヤラセはいってます。こんな所はないのでご心配なく。

PageTop

久々登山&忌野清志郎

久しぶりに登山。といってもハイキングに毛の生えた程度ですけど。
日本百名山で有名な深田久弥がお亡くなりになられた茅ヶ岳(1,704m)、金ヶ岳(1,764m)を登ってまいりました。コース自体は難易度の低いハイキングコースで楽勝なはずが・・・・疲れた。登山がつらいというよりか起床時間がAM3時半とか普段なら寝る時間に起きるというのは物凄くつらいものがあるわ。ちなみに深田久弥がなくなられた理由は滑落とかじゃなくて病気ですからハイキングにとってもお勧めです。あ、でも高尾山よりかはずっとつらいですからね。
が、しかし登ると病気になるのか?本日少々熱だしてますわ。ま、どうせお仕事なので良いですけどね。土日までに治す。(GWという言葉を我社はしりませんので通常営業です。)

忌野清志郎がお亡くなりになられたとのこと。ま、自転車のりならなんとなく応援されてたかた多いのではないのでしょうか?
といってもあまり音楽を聴かなかった私が忌野清志郎を印象づけたのは深夜TVドラマだった「やっぱり猫が好き」です。エンディングテーマでRCサクセションの”サントワマミー”が流れてた。ん~、このドラマは私の中で名作中の名作。ってのもオープニングテーマの矢野顕子さんの歌も好きだったので最初から最後まで楽しめた。
話もどしてキヨシロー。
ん~、数々の発売中止や延期の歌をだした問題の多い歌手だったと思うけど・・・・なんか妙なパワーがある人だった。
もし名前しか知らない世代の若いかたがこのブログを読まれてたらお勧めなのでYoutubeあたりで検索して欲しい。今の歌手ほど洗練されてるとは思わないけどバッテリーはビンビンだぜ!
1)雨上がりの夜空に (RCサクセションと言えばこれでしょ!)
2)サントワマミー(Sアダモがオリジナル。でも個人的にはキヨシローの方が好き。ケバイ男がきれいな歌詞を歌うギャップがたまらん)
3)パパの歌(CMで有名だから知ってる人多いんじゃないの?昼間のパパわ~男だぜ~!作詞は糸井重里だったりする)
4)いけないルージュマジック(これも古いCMが印象てきだった。あの坂本龍一とのコラボ作品でっせ!が、キスシーンはちょっときつくない?)
5)自転車唱歌(自転車のりならはずせないでしょ!)
他にもパーティーをぬけだそう!(篠原涼子とのコラボ)とか面白いの一杯ありますよ。

PageTop

双六岳-三俣蓮華岳-鷲羽岳

北アルプス登山してまいりました。
本当は槍ヶ岳行く予定でしたが諸般の事情により双六岳-三俣蓮華岳-鷲羽岳コースに変更。諸般の事情とは単に技量に不安があっただけでございます。2000m超えるような登山は年一回なので・・・・。

一日目 朝5時頃に起きたらザーザーと雨。流石にダメだろとあきらめて宿でゴロゴロしてたらなんかやんでしまったので急いで準備して出発。おまけに私が宿に靴をわすれるという間抜けをやらかしました。申し訳なし。当初の予定では登山口から双六小屋まで行く予定でしたが10時過ぎに登りはじめたので双六小屋まで行くのはちょっとキツイ。基本的に3時位までに小屋つく予定にしてないと何かあったときに対応できませんから。ということで初日は鏡平小屋に宿泊。しっかし午前中は晴れて暑かったですわ。

二日目 朝の5時過ぎに出発。時間が押せば三俣蓮華岳で引き返すつもりでしたが予定以上に速く行動できたので鷲羽岳までいって双六小屋に宿泊。しかし折角鷲羽岳の頂上までいったにも関わらず完全に雲の中で眺望は全くありませんでしたわ。ま、途中で雷鳥の親子をみれたので良しとしておきます。ちなみにオコジョも小屋近くでみました。どっちも人生初。
余談ですが双六小屋から三俣蓮華岳の間はやたらめったら蝿が多い。なんか狙い撃ちされてるように私たかられてるし・・・。恐らくハイドレーションの調子が悪く飲み口からスポーツドリンクがぽたぽたとたれて服にしみてただろうからだけど。同行者から「蝿王」という有りがたくないあだ名をいただきました。せめてベルゼブブと呼んでね。それと双六岳の頂上は広いのね。頂上で登山道が一回わからなくなりました。ま、他にいける場所がないから遭難はしないと思うけどガスがでてるとちょい迷うかもしれない。

三日目 双六小屋から下りるだけ。といっても下りはやはりちょい苦手だわ。行動時間は一番短かったけどなんか一番疲れた感じ。遠くに自転車乗りの聖地?「乗蔵」が見えましたわ。ん~こうしてみると乗蔵ってのは非常に緩やかな山だな~。ま、チャリで登ると辛いけどね。

今回の登山は比較的安全なところばかりでしたが・・・なんとなく鷲羽岳を検索してたら下記ニュースみつけた。
http://www2.knb.ne.jp/news/20080827_16989.htm
ご冥福をお祈りいたします。
ちなみに今回は2800-2900mの峠を三つでしたので次は3000m級に行きたいな~。

帰ってきて・・・・仕事で大トラブル発生してて急に現実に引き戻されましたわ・・・・・。






PageTop

天狗トレイル記録証

天狗トレイルの記録証がとどきました。ま、年代別の順位は9位とリザルトみてきましたが総合でも14位/244人と走力のわりには中々の好成績。
正式タイムは54分04秒。
トレイルランは初めてでたのでなんともいえない部分がありますが恐らく天狗トレイル10kの部は高速コースですね。ま、最初に登ってしまえば後はたいした登りなかったものな~。
来年はトレイルランの大会も幾つか出る予定。といっても今の所でる予定なのは青梅でやる30kの奴ね。例年この日はチャレンジサイクルにしてましたけど今年は自転車の始動を後らせてランを引っ張ります。
ハセツネもでるぞ~!たぶん・・・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。